最先端NC自動旋盤を使用して、微細部品や精密部品の切削加工を得意とする大阪府八尾市にある株式会社MPC。
小ロット・短納期も含め、お客様の色々なニーズにお応えします。

トップへ
お問い合わせフォームへ サイトマップ トップへ戻る
小ねじ専門店 マイクロネジストア
株式会社MPC 製品情報
ステンレス/ 快削鋼・普通鋼/ 炭素鋼・工具鋼・合金鋼/ その他の鉄/ 真鍮/
アルミ/ その他
材質名 S10C
規格 JISG4051
被削率 70-60
特性 炭素鋼の中でも「低炭素鋼」に属し切削性は良好。冷間加工性、溶接性が良好。靱性に富む。焼入れによる硬化の程度は小さい。機械切削面の平滑性は悪い、比重は7.8。焼なましまたは焼入れ焼もどしを行なって使用される。
用途 建築、橋、船舶、車両などの構造物。冷間成形用薄鋼板、各種軸類、歯車などの機械部品、ボルト、ナット、ネジ類、チェーン等
被削性 C値が、0.3%を境にして少なくても多くても被削性は、悪くなる。低炭素鋼(軟鋼)は、構成刃先を、発生させやすく、仕上げ面粗さが、劣化し、寸法精度の面でも問題多し。
備考 ISOC10,AISI1010相当。
ページトップへ
材質名 S35C
規格 JISG4051
被削率 70-60
特性 冷間加工性、溶接性はやや悪い。焼入れによる硬化の程度は比較的に大きい比重は、7.8炭素鋼の中でも「中炭素鋼」に属し切削性は、良好。焼なましまたは焼入れ焼もどしによって適宜に必要な強さと靱性が得られる。
用途 建築、橋、船舶、車両などの構造物、各種軸類、歯車などの機械部品、鋼管、鋼板、ボルト、ナットねじ類、キー、ピン
被削性 C値が、0.3%を境にして少なくても多くても被削性は、悪くなる。炭素鋼の中では、切削性が比較的良好で、構成刃先の発生も少なく仕上げ面粗さ、寸法の管理もしやすい。
備考 ISOC35C35E4C35M2,AISI10351037相当。
ページトップへ
材質名 S45C
規格 JISG4051
被削率 70-60
特性 冷間加工性、溶接性はやや悪い。焼入れによる硬化の程度は比較的に大きい比重は、7.8炭素鋼の中でも「中炭素鋼」に属し切削性は、良好。焼なましまたは焼入れ焼もどしによって適宜に必要な強さと靱性が得られる。
用途 建築、橋、船舶、車両などの構造物、各種軸類、歯車などの機械部品、鋼管、鋼板、ボルト、ナットねじ類、キー、ピン
被削性 C値が、0.3%を境にして少なくても多くても被削性は、悪くなる。炭素鋼の中では、切削性が比較的良好で、構成刃先の発生も少なく仕上げ面粗さ、寸法の管理もしやすい。
備考 ISOC45C45E4C45M2,AISI10451046相当。
ページトップへ
材質名 SKD4
規格 JISG4404
被削率 45-35
特性 高速度鋼に似た高合金鋼で、炭素含有量が低い。Wを多く含有している為耐摩耗性は高いが、常温での耐衝撃性がかなり低い。
用途 プレス型・ダイカスト型押出工具・シャープレード
被削性 Cr・W・V等の超硬合金と同質の合金元素を多く含有しているため、超硬合金との親和性がかなり高い。切削温度が上昇しやすく、合金中に形成される炭化物は、アブレシブ物質として工具摩耗を促進させる。
備考 ISOC10,AISI1010相当。
ページトップへ
材質名 SCM415
規格 JISG4105
被削率 70-60
特性 Cr鋼に0.3%程度のMoを加えた鋼で、Moを添加することにより、靱性を増し焼き入れの際の質量効果を減じ、さらに焼なまし脆性もある程度防ぐ材料である。
用途 はだ焼してピストンピン、歯車、軸類、油圧関係部品に用いられる。
被削性 モリブデンはカーボンと同じ影響を与える元素なので、同じカーボン%ならば、モリブデンを含まない炭素鋼と同じ被削性と考えてよい。
備考 ISOC10,AISI1010相当。
ページトップへ
材質名 SCM435
規格 JISG4105
被削率 65-60
特性 Cr鋼に0.3%程度のMoを 添加することにより、靱性を増したもので焼入性を保証した材料である。
用途 強力ボルト、軸、アーム類、歯車、スタッド(自動車関係部品に相当量使用されている。)
被削性 モリブデンはカーボンと同じ影響を与える元素なので、同じカーボン%ならば、モリブデンを含まない炭素鋼と同じ被削性と考えてよい。
備考 ISO34CrMo434CrMoS4,SAE41354137相当。
Copyright © 2008 MPC inc. All Rights Reserved.